アパレル関係の中国輸入事業、ラクマとメルカリの比較

中国からアパレル関係の商品を中心に商品を輸入し、主にアマゾンで販売

 

これからいきなりインターネットビジネスをスタートさせるという人にとっては、いきなり中国から商品を輸入するということはハードルが高いことや、アマゾンで販売するにしては、商品の掲載情報の情報力や配送方法に関するノウハウが少なからずかけている部分もあります。
そのため、まずこれから出品を考えている人にオススメの方法は今やテレビコマーシャルでも力を入れいてるメルカリとラクマの利用です。
どちらも今勢いのあるフリマアプリです。登録料金は無料ですし、販売すると手数料が10%かかるメルカリに比べてラクマは一切の販売手数料がかかりませんので、利益という点で言えば、ラクマの方が部があります。

しかし、まだラクマは力を入れ始めたところの新しいフリマアプリです。そのため、中国から輸入する商品を販売するにしても何にしてもまずは利用者が圧倒的に多いメルカリを利用する方が良いと言えます。中国からの輸入をしたいという人は、

やはりコネクションが大事です。中国の物流は日本の物流に比べると荷物の管理が荒く商品の状態も検品判断が非常に緩いため、商品が届いてからびっくりするということも多いです。信用で成り立つ、インターネットビジネスはお客様の口コミ評価が肝ですのでしっかりと自己管理をまずは行える範囲でスタートするのが良いでしょう。

 

なぜラクマ、メルカリがおすすめなのか?

 

やはりこれからの時代は値段がものを言う時代になっているというのをひしひしとこれまで接客業で仕事をしてきた経験から学びました。
同じ商品であなおかつ新品であれば、少しでも安く購入したいというのが現在の特にネットでショッピングを行う世代の需要だと私はにらんでいます。

しかし、やみくもに値段を下げても粗利というものはほんのわずか。薄利多売ではただのボランティアにもなりかねませんし、ただ商品の在庫を抱えているリスクとを考えるととてもじゃないですが薄利多売はリスクにはほどとおいビジネスです。

 

その点を考えると答えは1つです。元々の商品の仕入れ単価を下げる以外に方法はありません。そんな時に、私が中国に友人がいたということからそのつてで中国のお得な価格手に入るアパレル商品を輸入してもらうように依頼をしました。
実質2人で回しているのですが、商品を購入して注文が来たら商品をお客様のところに発送するだけ。商品の仕入れは中国に住んでいる友人に任せて、私はインターネットページを充実させ、写真を更新したりお客様から届く質問などに答えていくという業務を分割して行っています。
今の時代は徐々に価格重視と手軽に買えるというのが主流ですので、時代を読み解いて最新の販売活路をと思い、輸入ビジネスをスタートしました。

 

中国輸入のリスク

 

過去に失敗も山ほどありました。
中国人の友人に商品の購入を任せているのですが、購入する量も次第に私の保有しているインターネットサイトに人気が出てきたことから一括購入する量が増加しました。

その結果、まとめて1ロットで購入するということも増えてきたことから商品を1つ1つ開封して中身を確認するという作業ができなくなりました。
つまり、完璧に自己管理ができないペースで商品が流れるようになりました。その結果、お客様のところに商品が届いた時には、洋服に汚れが付いているとか糸のほつれが付いているなど細かい点ではありますが、日本の消費者の視線というのは厳しいものですので、クレームとしてすぐに私の元に電話がかかってきます。
もちろんしっかりと対応をしなければ、お客様に私の評価というものを握られているため、少しでも悪い評価がついてしまうとたちまちわたしのサイトの売り上げに響いてきてしまうため、リスクもあります。たくさん売れるのは良いのですが、やはり入荷元が中国であるため、日本製品と比べるとやはり商品が出荷した時のトラブルというのは多いように感じます。

基本的には商品が届いて不備があれば商品を破棄していただだき、新しいものをお送りするとか返金をしておくなど結局売れてもマイナスになるということも多いのが実情です。

 

中国輸入→ラクマ、メルカリ販売の改善点

 

これからは、自分で入荷元の中号へ出張しに行き、工場の管理体制を自分の目でチェックすることで改善していこうと思っています。
もっと品質管理が徹底しているところがあれば、多少は値段が上がってしまっても、今は軌道に乗っている分多少の投資と思っても問題ありません。
頻発するクレームの対処よりは次の商品をどのように販売していくのかという視点で考えて販路を開拓する方が仕事をしていてもよっぽど楽しいのは言うまでもありません。
自営業として仕事をしていくにあたっては、やはり楽しく継続して行えるということが一番んエネルギーとなります。
楽しくなければ継続することもできません。なので、段階に応じて結果が出ている時はどこにスポットライトを当てて設備投資をしていくのかという経営判断を必要とするときもあります。
できるだけリスクを落としてその分利益を上げるという方法を模索しインターネットビジネスを通じてお客様から「良い」評価を1つでも増やせるように継続して力を入れていきたいと思っています。
中国の商品は入荷するには非常にお値段はお得です。
輸送料金や関税などの貿易に関す知識も必要となってくるのでそれは必要に駆られた時においおい知識を深めていけば良いと思います。大事なのは、評価とコネと選択肢です。
(Visited 316 times, 1 visits today)
test

ここにキャッチコピーを記入

ここに説明文章を記述ここに説明文章を記述ここに説明文章を記述ここに説明文章を記述ここに説明文章を記述ここに説明文章を記述ここに説明文章を記述ここに説明文章を記述ここに説明文章を記述ここに説明文章を記述ここに説明文章を記述ここに説明文章を記述

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)