ebay仕入れ⇒ヤフオク販売とヤフオク仕入れebay販売の落とし穴

 

「ebay→ヤフオク転売」「ヤフオク→ebay」の輸出と転売の実際の方法

 

特に海外オークションのebayを使用していましたがそこで出されている商品を安い価格で買って、ヤフオクに出すという事と、逆にヤフオクで落としたものを海外に出品するということをやりました。

日本人の特性として英語で販売している商品は言葉も分からないので怖いというイメージが強いです。海外の英語だけのサイトなんて英語が話せる日本人か、頭のいいパソコンに強い人がやるものと思っている人がいませんか?

 

海外サイトのオークションは日本人でも読めるように翻訳もできます。そのことを知らずに日本にあるオークションだけでやりとりをしていると日本人同士のやりとりで価格もそこまで上がることはありませんが、海外では別です。

 

海外にしかない商品もたくさんあり一部のマニアが欲しがっているものはそこに実は多いんです。例えば本場のディズニーランドにあって日本のディズニーランドにはない限定で出しているダッフィという熊のぬいぐるみがありますね。これは海外にしか置いてないので欲しがる日本人は多いんです。ようはそういう商品を多く見つけて出来るだけ安値で買って日本で売るというそういう商売です。

 

「ebay→ヤフオク転売」「ヤフオク→ebay」の転売をはじめた理由

 

始めた理由は副業として稼ぎたかったからです。元々転売には魅力を感じていて、最初にかかる必要経費のようなものがかからないで始められるというのが利点でした。

ある転売書籍を読みながら勉強をしていきましたが、5,000円で購入したものが10,000円、10,000円で購入したものが20,000円となるというような内容で、これを繰り返していったらすごくお金持ちになれるんじゃないかなと勘違いもしていましたね。

 

物販は良い商品を仕入れることができれば大量に仕入れて完売することも可能なので、1回の転売で得る利益も大きくなるだろうと予測をしておりました。最初は自分の欲しい商品を購入するところからスタートして、慣れてきたら本格的にスタートしようと思いました。本の通りにやるとそれは思った以上に簡単で英語が読めない私でも翻訳サイトなどを駆使してやれば全然難しいことはありませんでした。

当時は実家に住んでいたため頻繁に宅急便の人がきても困ってしまい、在庫を抱えることが難しかったので注文する商品は一括でまとめて購入してました。私の場合はビジネスとしてという感覚はなく他にも仕事をしていたためあくまで副業という意味です。

 

初めは在庫を少なくし、小リスクから始めた海外転売

 

 

一時期はある程度の利益が出るものだと思っていました。しかし実際はその商品を購入する人がいないとか、イギリスでは人気だけど日本では不評だったりする商品が山ほどあるんです。

そういう事も予測して大量すぎる購入だけは避けておこうと思い、指で数えられるくらいの数だけを購入するやり方をとっていました。

 

この方が初心者の一般人には向いていると思います。これは間違いないと思っているものでも中国産で偽物だったりすることが多かったです。偽物を本物と偽って販売すると法律にも違反する恐れもあるので仕入れた商品は念入りにチェックしました。外国の人ってこれを意外と平気でやってしまうから怖いですね。

 

結局売れる商品だけが売れて、売れない商品だけが残る、もしくは安く売るしかないということになり結局は数万円の損失でした。これといって大業をやり遂げるみたいなことにはならなかったのでその費やしてきた1年という時間と労力を考えればやらなくても良かったかなと思います。ただもっと商品に対して貪欲になっていれば絶対に売れていたと思う商品もあるので私の場合はただ単にリサーチ不足だったのでしょう。仕入れの金額は計算しながら買っていたので大きな損害にはいたらなかったです。手元に仕入れた商品がくつか残っているという事もあり大きな心でチャラにしました。

 

転売の失敗リスクから学べることは多い。まず1商品仕入れて売るところから始めよう

 

 

私の失敗談から学ぶ箇所はたくさんあります。おそらく今やればある程度の利益を出すことができると思います。

 

まずこれから始めようと思う方でネットショップなども初めてくらいの方は、必ず勉強だと思って自分が欲しい商品を1品購入して入らなくなったら売るみたいな感覚で行った方が失敗しないと思います。お金があってどんどん仕入れたいという人を除いてですが。出品者もしくは購入者との円滑なやりとりができるようになったらスタートしましょう。

 

慣れてきたら海外から購入したものは1品1品輸入すると送料だけで結構高くつくので、落札した商品は海外の倉庫いためておきまとめて出してもらって方がよいです。在庫を海外に留めておくことができるサービスも実際あります。輸出と輸入に関しては少し勉強すればすぐできるのですが、一番難しいのは目利きだと思います。何が売れて何が売れないのか。これは正直センスとタイミングだと思っています。どんなにプレミアムな商品でも時期が悪ければ売れません。

 

時間帯が悪ければ売れません。これは売れそうだと思ったものに対してもしっかりリサーチすべきです。この一連の流れをしっかり読み取ることができれば転売屋としても成功する可能性が最も高いといえます。始めは一気に販売しようと思わず1品から焦らずスタートです。

(Visited 320 times, 1 visits today)
test

ここにキャッチコピーを記入

ここに説明文章を記述ここに説明文章を記述ここに説明文章を記述ここに説明文章を記述ここに説明文章を記述ここに説明文章を記述ここに説明文章を記述ここに説明文章を記述ここに説明文章を記述ここに説明文章を記述ここに説明文章を記述ここに説明文章を記述

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)