中国輸入の今後の可能性と多チャンネル化によるリスクヘッジ

爆買い

 

中国輸入ビジネスは飽和状態?

 

中国輸入ビジネスは飽和状態にあると言われがちですが、それは販売チャンネルがamazon1本など極端に販売チャンネルが少ないために起こっている現象です。

今扱っている商品が他の販売システムでは売れる可能性があります。

例えばamazonであれば本、デジタル製品、家電などは強い傾向にありますがファッションカテゴリーになると極端に弱くなります。特に女性ファッションに関しては絶望的な市場規模と言えます。

ファッションカテゴリーで女性をメインターゲットにしてマーケティングをする場合、販売チャンネルのスマートフォンユーザビリティを念頭に置いて商品選定、商品作りをしなければなりません。

たとえばメルカリであれば、商品の検索にいたってはアプリ内検索に特化しており、いわゆるgoogleからのオーガニック検索はほとんど無視しているといっても過言ではありません。

例えばamazon販売をする予定で女性ファッションのトレンドアイテムを仕入れたとします。この場合amazonの女性ファッションアイテムに対する訴求力は低いので当然売れません。

しかし、メルカリで効果的なプロモーションをした場合爆発的に売れる可能性があります。

1商品を仕入れる際に一気に多チャンネル化して出品するのがベストな方法と言えますね。

 

出品商品の多チャンネル化の例、メルカリとヤフオク

 

メルカリとヤフオクは出品形態が似ていることから、多チャンネル化をする際に2つを同時に登録する出品者さんが多い傾向があります。

メルカリは基本的に個人利用以外のアカウントは削除されてしまうため、出品する際は「素人っぽさ」を出品ページに出す必要があります。ヤフオクの場合は綺麗にとった方が好ましいのですが、業者臭さが出てしまうので落札者様が

(Visited 118 times, 1 visits today)
test

ここにキャッチコピーを記入

ここに説明文章を記述ここに説明文章を記述ここに説明文章を記述ここに説明文章を記述ここに説明文章を記述ここに説明文章を記述ここに説明文章を記述ここに説明文章を記述ここに説明文章を記述ここに説明文章を記述ここに説明文章を記述ここに説明文章を記述

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)