【失敗事例】 BUYMA 輸入 見えないコストの試算で失敗したバイマ販売

アメリカ輸入→無在庫バイマ販売の失敗ケース

 

 
BUYMA販売においてまずはじめにしなければならない作業が、日本でどのような商品が売れるのかをリサーチする必要があるという点です。
 
少々お金はかかりますが、日本のファッション雑誌などを日系の本屋さんで購入し、今日本の女性の間でどのようなアイテムが人気なのかを調べます。
 
その後、アメリカの小売り店(アウトレットモールやディスカウントストア等)から雑誌に載っていたものに似ているもので、人気が出そうな商品の写真を撮り、それをサイトに掲載します。
 
このビジネスのポイントはアメリカ在住のメリットを生かして、日本で未販売の物を見つけ出す、ということと、いち早くトレンドを掴むと言う事です。
 
また、日本のお客様は商品の細かい部分をきちんと見ているので、アウトレットモールなどで購入するものは、個々に傷の有無や状態を確認して、良いものを購入します。
 
アウトレットは特に傷があったり、タグがなくても平気で店で売っているので、きちんと確認する必要があります。サイトに掲載してから、買いたいという人が現れたら、再度お店へ行って、最終的に購入し、梱包、出荷の手配をするビジネスです。
 
商品の流れが速いので、頻繁にお店に足を運んで商品を確認することと、サイトに古い商品が掲載されないように管理する必要があります。
 

BUYMA販売を始めたきっかけ

 

アメリカ在住者の方々の口コミで、在宅で仕事ができて、儲かる!という噂を聞いたのがバイマ販売でした。
 
実際にアメリカ在住のメリットを生かすためには、やはりアメリカで購入できて、日本で購入できない商品を入手したり、また為替のメリットを生かして安く買って高く売るという販売の基本を押さえれば、簡単に儲けることができると聞いていました。
 
バイマのサイト掲載は日本人向けということもあり、サイトへの掲載時にそれほど手間はかからないし、お客様からの問い合わせにも、日本語のみで対応できるので、日本にいるのと変わらない状況で商売ができるとあって、簡単に始められるのが魅力的でした。
 
また最大の魅力は在庫を持つ必要がない、という点。実は以前、車のアクセサリーを販売したことがあるのですが、家に商品を在庫して、しかも売れ残った物を最終的には廃棄したという失敗をしたことがあり、在庫を持たないというのは、大きなリスク回避になります。
 
手持ちの資金があまりない場合は在庫を持たずに販売できるということは安心であり、魅力的でした。お金のやり取りに関しても他のオークションサイトや販売サイトと同様に個人間のやり取りではないので、安心して始めることができます。
 

無在庫販売特有の失敗、在庫リスクが無かったことが失敗の原因に

 

最初の失敗は商品を入手できなかったことです。
 
まず、サイトでオーダーが入ったため、早速売っていたはずの店に行ってみたのですが、その商品はもうありませんでした。お客様に品切れですとお伝えしましたが、納得してくれず、最終的にはサイトに悪い評価をつけられました。
 
いくらバイマが無在庫販売であり、店にない場合は売り切れになるといっていても、納得してくれないお客様はいらっしゃるし、そのお客様から心無いメッセージを送られたり、悪い評価を付けられたり、金銭的な損失はなくても初めての私にとっては精神的にかなりダメージを受けました。
 
次の失敗は為替です。やっとオーダーまでこぎつけて、購入してみたら、為替の影響を大きく受けていて、日本円で換算すると自分が掲載していた金額より購入金額の方が高くなってしまい、結局マイナスになってしまいました。
 
実際、店までは結構な距離があったので、リサーチのためのコストや交通費や労働量を考えたら、完全に赤字です。そういった商品が数点あり、売値と買値の差だけで言うと、3万円ほどの赤字になりました。
 
かといって、高い値段で掲載すると全く売れないため、その辺りは細かく計算し、売値を決める必要があると感じました。
 

BUYMA販売の失敗点をかてにして利益につなげていくには…

 

商品の回転が速いアウトレットやディスカウントストアには、頻繁に足を運ぶ必要があります。
 
また、自分のサイトもそれに合わせて管理する必要があります。古い商品をずっと載せていて、最終的に品切れという事が頻繁におこると、いくら無在庫をうたっているバイマでもお客様の信用を無くしてしまうのではないか、と思います。
ただ、アウトレットモールの隣に住んでいるわけではないので、頻繁に足を運ぶとなると、それなりに時間もコストもかかってきます。販売金額に関してもそういった目に見えないコストも考えていく必要があると思っています。
 
資金が溜まってきたら、少しは在庫を持つのもいいかもしれません。実はその方が為替の影響も受けにくいからです。もちろん、為替については、頻繁に為替の動きを見ておくというのがいいのですが、やはり安い時に購入しておくというのが賢いやり方なのではないか、と思います。
 
最後にお客様に対して事実についてははっきりと申し伝えること。いろいろなお客様がいますので、時にはこちらの誠意が伝わらないこともありますが、思いを込めて説明すれば多少はわかってくれるかもしれません。あとはどんな事を言われても後に引きずらず、強い心をもってビジネスに向かうことが必要だと感じました。
(Visited 386 times, 1 visits today)
test

ここにキャッチコピーを記入

ここに説明文章を記述ここに説明文章を記述ここに説明文章を記述ここに説明文章を記述ここに説明文章を記述ここに説明文章を記述ここに説明文章を記述ここに説明文章を記述ここに説明文章を記述ここに説明文章を記述ここに説明文章を記述ここに説明文章を記述

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)